<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい

まだまだクレジットカードを利用することの出来ない店舗がありますが、それでも都心部ではかなり少なくなってきています。
つまり日常生活で必要な支払い全てをクレジットカードを利用出来るので、お得な生活を実現することが出来るワケです。 年収が700万円!しかし、過去にクレジットカードの返済事故を起こしていると、審査が厳しくなります。
逆に多少属性が弱かったとしても良好なクレジットヒストリーがあれば審査を通過する可能性が高くなるのです。

 

個人信用情報機関に登録されているクレジットカードヒストリーは、申し込み者の実績を証明する動かぬ証拠です。
クレジットカード申込書に記入をした内容というのは申込者の自己申告なので、ほとんどが裏付を取ることが出来ないことからクレジットヒストリーが重要となるのです。クレジットヒストリーというのはこれまでにクレジットカードを利用した履歴のこととなります。
自社や他社を問わずクレジットカードの審査を実施する時にはこのクレジットヒストリーが重要な審査項目となるのです。



<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたいブログ:18/7/09

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはクチをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
母親が作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
お子さんは食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って日々食べるものですからね。

でも
お子さんには
何が何でも母親の手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、母親の手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
ひと月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りのお子さんがおいしそうに食べていたら、
それにつられて一クチ食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
お子さんの苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

父母がそれをおいしそうに食べれば、
お子さんが興味を持って食べるかもしれません。
母親が苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

食事中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんで食事をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。